愛知 長久手/豊田/小牧/日進/ 三重四日市 TC/ワンセルフカード/パワーピアス/ヴィジョンスパイラル/ココロの色処方せん/サイクルマップ/セルフセラピーカード講座お受けしております

リクエスト開講お受けいたします
お気軽にお問い合わせください

この講座の目的は、色を感じること、そして、色を「自分の心を映し出す鏡」として用いることで今の自分を知ることです。
その為に、色の意味を用いますが、色の意味とはそもそも連想や象徴によって生まれます。 通常、カラーセラピストは、色の意味を使ってクライアントとコミュニケーションしながら、クライアントが自分の内面に向かうサポートをします。

アソシエーションカード・マスター講座

step1は一般の方、TC関係資格者どちらの方もご受講いただけます。
初心者でもすぐにクライアントが選んだ色の意味を使ってコミュニケーションがしやすいように、アソシエーションカードを使い個人セッションの方法を学びます。
アソシエーションカードのみを使ったセッションも可能ですが、色選びをしてからセッションをして行くもう1つのセッションがメインになります。
クライアントは、「セレクションカラーブック」という14色の前面見開きでA3サイズの迫力ある色見本から、直感で色を選んでいただきます。
そして、アソシエーションカードと、3枚の質問カードの組み合わせによって、自己をみつめながら、これからどのような人生にして行きたいのかを考える手助けをして行きます。
講座は基本全3時間の1日講座ですが、時間分割も可能です。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
今後「ZOOM」を使ったWEB講座の開講も予定しております。遠方にお住まいの方や、お子様やご家族の都合で足を運ぶことが困難な方など、是非ご利用ください。(準備が出来次第ご案内いたします)

アソシエーションマスター講座教材一覧
全3時間
(時間は分割可能です)
受講料:18.000円
教材費:7.500円
※アソシエーションカードをお持ちの方は教材費3.600円となります
教材内容 ・アソシエーションカードマスターテキスト
・アソシエーションカード
・セレクションカラーブック
・質問カード
主な内容 ●アソシエーションカードとマニュアル(解説書)を使った
初級個人セッションの仕方
●セレクションカラーブック、アソシエーションカード、質問カードを使った初級個人セッションの仕方
カリキュラム

・色の連想と象徴
・アソシエーションカードとカラー14色
・ライフデザイン・セッション
・ラポール
・傾聴
・質問
・チャンキング
・アソシエーションマスターのあり方
・色の意味(TC14色) 

アソシエーションカード・ファシリテーター講座

Step.2は、更に深い個人セッションと、グループセッションの両方ができるようになるための講座です。
アソシエーションカード・マスターの資格取得者が対象となります。
仕事として使うだけでなく、初心者の方でもっとカラーの学びを深めたいという方にもおすすめの講座です。
新たな教材であるTCカラーカード44色は、ビビットトーン、パステルトーン、ダークトーンなど全部で44色の色を使って個人セッションやグループセッションが行えます。
また、セッションのバリエーションも増えます。講座の中で学ぶバリエーションの他に、これからも、どんどんセッションが増えて行く予定です。
Step.2まで取得していただいた方を対象に、恋愛、人間関係、仕事・・・など悩み別の個人セッションを今後リリースして行く予定です。
また、講座では、たくさんの楽しいワークを行いながら、色の意味を深めて行きますのでマニュアルではなく、自分の言葉でクライアントと対話をするようにセッションをして行くことが目的です。
講座は基本全6時間1日講座ですが、分割が可能です。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
今後「ZOOM」を使ったWEB講座の開講も予定しております。遠方にお住まいの方や、お子様やご家族の都合で足を運ぶことが困難な方など、是非ご利用ください。(準備が出来次第ご案内いたします)

全6時間
(時間は分割が可能です)
受講料:28.000円
教材費:4.000円
教材内容 ・アソシエーションカード・ファシリテーターテキスト
・TCカラーカード 44色
主な内容 ●TCカラー44色のカードと、アソシエーションカードを使った
上級個人セッションの仕方
●TCカラー44色のカードと、アソシエーションカードを使った
グループセッションの仕方
カリキュラム

・マニュアルを使わない個人セッション
・アソシエーションカードに登場する思想と色
・色名に由来する色の意味
・色の三属性と色の分類
・ライフデザインセッション・パート2
・ファリリテーション
・TCカラーカードを使ったグループセッションの活用方法
・色を生活に取り入れる提案

↑ PAGE TOP